1.倉庫併用住宅の新築

既存の蔵

PHOTO©Nao Takahashi

朝霞の3棟再整備計画

朝霞の3棟再整備計画の概要

 川沿いに並ぶ「新築倉庫併用住宅」「既存石蔵」「既存母屋」の3棟の再整備計画です。
計画全体の目的は母屋をライフスタイルの変化に合わせてリノベーションすること、母屋に蓄積した荷物を適切な管理状態で整理することの2点に集約されます。まず倉庫併用住宅を新築し母屋の荷物を倉庫内へ移動し、次に母屋をリノベーションし、施主の居住スペースを整えます。大谷石蔵には安定した温熱環境を活かし、着物や掛軸などの虫干しスペースと書庫を設けます。最後に3棟を渡り廊下で連結し、人と荷物が行き来するサポート動線とし、3棟を有機的に活用する計画です。

1.倉庫併用住宅の新築(2018年6月竣工)
 3棟再整備計画の第1段階で、1Fが倉庫、2Fが住居となっています。3棟は「居住」と「保管」という用途がオーバーラップするため各棟を独立させず、ひと繋がりの風景として再編しようと考えました。新築部と母屋は「切妻+下屋」からなる屋根構成を共通させ、新築部と大谷石蔵は外壁ラインと外装材に共通項を作っています。外壁ラインは1Fレベルを揃え、外装材は大谷石と親和性を高める素材を採用しました。外壁はモルタルに大谷石の粉末を混ぜた外壁材を開発し、軒天井には大谷石と表情の粗さが近似した木毛セメント板としました。新築部により3棟を関連させる試みです。
 一方屋内は、切妻に沿った勾配天井の空間と下屋による水平天井の空間に分かれます。前者は垂直方向に開放的でありながらもプライベートな居間となり、後者は川に対して水平に視線が誘導される広縁となります。決して広くはない住居の中に、間仕切りに頼ることなく変化に富んだ居所を作っています。

2.大谷石蔵のリノベーション(2019年1月竣工予定)

3.母屋のリノベーション(2019年2月竣工予定)

4.渡り廊下(2019年3月竣工予定)


No.154WType住宅Year2018Role設計監理Location日本・埼玉県Link