株式会社アラキ+ササキアーキテクツ(以下A+Sa)では、下記の設計理念・設計方法論に基づいて、建築設計を行います。


□A+Sa設計理念
  • 人間の知性と知覚に訴えかける建築の力を信じて、その場に立つ人のための建築をつくる。
  • 目新しさを追わず、永く愛される親和性の高い建築を目指す。
  • 材料の本質を探究し、誠実に扱う。

□A+Sa設計方法論
1.状況から発見する

御要望・用途・敷地条件・時代背景など、その建築が置かれている状況から、その建築固有の設計戦略を発見する。

2.手で思考する

積極的に手を使ってドローイング・模型・試作などを制作し、思考の幅を広げる。
「頭で考えたこと(垂直思考)」と「手で考えたこと(水平思考)」を融合させて、ひとつの形ある建築をつくる。

3.根拠ある判断を積み重ねる

成果物である建築には思考の質や量が表れるので、現地調査から設計監理まで終始根拠ある判断を積み重ねる。

-Araki + Sasaki architects practice the following:


□A+Sa Design Philosophy
  • Create architecture for people standing there, believing that architecture have ability to appeal to humanユs perceptions and intellect.
  • Aim to create long-life architecture with a high affinity, not to pursue the veneer of novelty.
  • Use materials with respect through the essential exploration of material quality.

□A+Sa設計方法論
1.Discover from the situation

Discover the specific design strategy from the situation such as demands, uses, site conditions, social climate, and so on.

2.“Hands-on” approach

Make models, mock-ups, and drawings by hand to extend the thinking limit.
Integrate “thinking in mind (vertical thinking)” with “thinking by hand (lateral thinking)” to create an architecture.

3.Develop solid decisions

Develop solid decisions from the research stage to the supervision stage, because buildings as a result reflect the quantity and the quality of thinking.