リノサポ RENOVATION no.17@三鷹

床と天井は既存下地をそのままに、元ある空間ボリュームの中に新しい架構を挿入した。
大きく掛けられた架構の下で、くつろぐ、料理をする、食べる、デスク作業をする、着替えるといった
様々な行為のための場所が作られている。
落ち着きを与え、ワンルームではあるが一様ではない空間を勾配梁によって作っている。


No.159WType住宅Year2016Role内装設計監理Location日本・東京都Link 「TOKOSIE」2017/06/26