四川省大地震復興住宅

「TRIANGLE ROOFS」

容易な施工技術で、 ”多様な居住スタイル”と”複雑な地形”に、柔軟に対応する。
”一辺2.4mの正三角形屋根パネル”と柱を工場で製作する。現場ではそれらを組み立て、防水シートとスレートを敷くだけの”容易な施工”とする。
TRIANGLE ROOFSは組み合わせ方によって、様々な平面計画を可能にするので、“多様な居住スタイル”に柔軟に対応する。容易な施工にするため、できるだけ等高線上に建物を配置する。柱の長さで微調整することで、“複雑な地形”に柔軟に対応する。最も原初的に安全性を確保するために、1ユニットを小さな屋根の一片とする。強固な屋根をつくるシステムなので、地震で屋根が崩壊する危険性がなく、安全性が高い。

床や壁は、伝統的な材料やリサイクルレンガ等を、居住者が自由に選択できる。
TRIANGLE ROOFSは、復興住宅にふさわしい“居住者が新たな自分たちの風景を自ら創り出せるシステム”である。


No.008PType復興住宅Year2008RoleコンペティションLocation中国・四川省Awards佳作